【悲報】世界で最も幸せな国で日本54位wwww 1位は???

国連(UN)は14日、世界156か国・地域を対象にした幸福度に関する報告書を発表した。首位はフィンランドで、最下位はアフリカのブルンジだった。日本は54位で前年から順位を3つ下げた。

昨年トップのノルウェーは2位となり、デンマーク、アイスランド、そしてスイスと続いている。また米国と英国はそれぞれ18位と19位だった。

報告書では、幸福度を支えると考えられる、所得、健康寿命、社会的支援、自由、信頼、寛容の6つの要素を基にランク付けが行われている。


このニュースを受けてネットでは、

「高い税金を納めることで、医療費や学費がタダだったりする。ちゃんと国民に反映されている。日本の年金はどうなることやら。」

「所得や健康寿命はわかるが、信頼と寛容ってどうやって測ったの?」

「北欧諸国はとても魅力的で素敵な国だと思っていますが、


私は温暖な気候などの環境を優先したいので、この結果とは大きく異なります。個人的な価値観が伴うランキングは難しいですね。」

「日本だって トータルですごく高い税金を納めていますよね 広く薄くだから 気がつかない ある意味ズルイ!!税金を見える形にすればよい 国民の目ももっと厳しくなる 上手に税金を使えば もっと国民は幸せになれると思う。」

「フィンランド人と文通してたし、フィンランドに行ったこともあるけど、とてもいい国ですよ。フィンランド人は少なくとも日本人よりはゆったりとして余裕があると感じます。」

「ムーミンは、幸せに思ってるのかな。」

「日本が54位ってのはなぜか書かない 大事なのはそれぞれの人が幸福を感じてるかどうかだご思うけどね」

「とはいっても、その国の国民性で感じ方は全く違うと思う。そうそう同じ物差しでは測れないよ。」

「フィンランド行ったことあるけど、清潔で、ゆったりとしていて、みんな時間に余裕があるなって感じました。数日だけだから、一面しか知らないのは承知の上。」

「寒くて過酷な環境だからこそ助け合っているように思える。ロシアは別として。」

など、多くのコメントが書き込まれている。